Posts on 転職

10年前の転職体験記。就職先を決めずに辞めたあの頃は、若かった…。

10年勤めた会社を今月辞めます。残すところ1日となりました。 10年前に転職した時、もう他へ行くことはないだろうと思っていたのに、3.11起きるわ事業傾くわ不正会計問題起こして事業再編しまくるわ、人生何が起きるか分かりませんね…。 今回のは次回の転職体験記に回して、この記事は10年前の体験記になります。これ思い返すと、ホント住宅ローン組んでる場合じゃないわ…。 転職を考えている人に、少しでも役立つ情報となれば幸いです。 転職の動機 10年前、転職を考えた動機は、当時の会社で直属のプロジェクトリーダーが心を壊して休職するまでを目の当たりにしたことと、サブリーダーを務めていた自分に次のリーダー職が回ってきそうだったこと。 当時参画していたプロジェクトに限らず、心の健康を害して休職となったメンバーが全体の1〜2割程度いて、更に予備軍もいるという状態でした。 平日は夜遅くまで、土日も出る人多かったしなぁ… 自分含めて。 まずは転職サイトのエージェントを味方につける 転職を決意したら、その動機が後ろ向きであれ前向きであれ、まずは転職サイトにアカウント登録し、エージェントを味方につけることからスタートするのが良いです。 孤独な戦いになることも多いと思うので、まず最初にその道のプロを味方にすると、とても心強い。 どこから漏れるか分からないので、職場の同僚には相談しない。と言いながら、外注さんには思いっきり相談してたけど。 エージェントに愚痴る エージェントと面談すると、まず最初に転職の動機を聞かれます。当たり前ですが。 初対面な事もあって身構えてしまい、猫かぶった前向きな動機を話しがちですが… 相手はプロなので、そんな誤魔化しは通用しませんでした。愚痴大会になります。 でもそれは悪いことではなくて、誰でもそこからスタートするんだそうです。当時お世話になったエージェントの方が教えてくれました。愚痴から本音を汲み取って、本来自分が望む働き方や、やりたいことを実現するための手助けをしてくれます。 後ろ向きな理由だからと尻込みせず、まずは相談という名の愚痴聞き大会を開催しましょう。 余剰資金を確保する…

転職と家探し時期が被ったときに注意すべきこと。住宅ローン審査で効いてくるポイント3つ。

私:「(某大手の)T社を今月退職するんですよ〜」 ふとした縁で、営業感皆無の、不動産知識と経験豊富な某不動産会社支店長さんと知り合うことになり、軽いノリで始まったお家選び。 休日に家族総出で、その支店長さんに案内されて新築物件を見に行こうとした矢先に、世間話のつもりで転職することを口に出してみた。 支店長:「え”っ…」 おや? いつもの支店長さんのホンワカ空気が変わった。後で聞くと、隣にいた妻も感じたという。 住宅ローン審査で効いてくるポイント3つ 具体的な購入スケジュールも決めていない、いいのがあったら考えてみるか程度の意識だったこともあり、全く勉強してこなかった住宅ローンに関すること。 家を買うくらいの金額を貸す銀行など金融機関の立場になって考えてみれば当然のことで、住宅ローンを組む際に効いてくるポイントとしては以下の3つ。 勤続期間 収入の安定度合い 勤務先企業の知名度 というより規模か 上の順序で並べたのは意味があります。関係者数人に聞いて回った感触だと、優先度はこんなもんでした。そして、転職の話題を振ったときの支店長さんが醸す空気は、これで理解しました。 勤続期間 勤続期間が短いと、住宅ローン審査はまず通らない。例えば1ヶ月とか。 最低でも3ヶ月分の給与明細が必要で、半年分の収入が記載された源泉徴収票があると尚良し。 2〜3年勤務した後の源泉徴収票があれば、まず落ちることはない。次の収入の安定度合いにも依りますが。 収入の安定度合い 勤続期間が長く、その間安定して収入を得ていれば、審査に通る可能性は更に高くなる。 逆に、例えば自営業で毎月の収入が安定しないようだと、審査に通るのは厳しいんだそうで。 勤務先の企業規模 審査に通る通らないではなく、…