Posts on 野菜

収穫祭@2016年11月26日 - あまり経験がないヤーコンの食べ方3つとその食感。

今回はただの日記。収穫祭レポートです。 …といっても、写真の野菜たちはそのほとんどがお隣区画の方からの頂き物。ありがたや。 我が家の区画は育ちが悪く、まだ食べられる状態ではありません。特にチンゲンサイ。なんでこんなに立派に育つんだろう…?こういうところで技術の差を感じる。 こちらもお隣さん区画で育てていたヤーコン。大漁すぎて、むしろもっと持って帰ってと、たくさん頂きました。 でもこれ、どうやって食べるの…? ヤーコンとは 外観はこんなんです。 というか、そもそもヤーコンって何?と思って調べてみました。 ヤーコン(英: Yacón、学名:Smallanthus sonchifolius)はキク科スマランサス属(英語版)[1]の多年草。 根にフラクトオリゴ糖(英語版)が多く、甘みがあり、食用にされる。 ヤーコンを「アンデス・ポテト」と呼ぶ例もあるが、同じくアンデス産のジャガイモと紛らわしく、不適当である。 出典:Wikpedia。 畑指導してくれる副市長さんも、アンデスのジャガイモと言ってたなぁ。Wikipediaは不適当と言っているけども。そしてその食べ方も教えてくれました。 ヤーコンの食べ方 主に以下の3通りに調理していただくといい感じだとか。 1. 輪切り/半月切りにして酢醤油でいただく 2.…

ダメ元で始めたメロン栽培。ちゃんと実ができてる!!

色々あって3週間サボッていた菜園メンテ…。 雑草がとんでもないことになっていました(^_^;) この写真じゃ、ちょっとわかりづらいか…。全部刈るのに1時間半はかかったと思います。 でもって、定番のミニトマト。実が多すぎて、重みで傾いてます。味は相変わらず最高。4歳の娘も大好物です。 9ヶ月の娘も口を出しますが、さすがにまだ食べれません。もう少ししたらね。 雑草をザクザク刈っていると… なんと、ダメ元で植えていたメロンの実が成っていました! しかも3個! まだ拳大にもなっていないけど、これはイケるか? カボチャと同様、土と触れないように雑草の座布団を敷いて、鳥に突かれないように大事に隠しておきました。大きく甘くなってくれると嬉しいなぁ。 そして今日の釣果がこちら。ミニトマトは多すぎて数える気がしませんでした…。 そんな自分専用のミニ農園を貸してもらえて、無農薬野菜の育てかたを教わることができるコトモファーム、お勧めですよ〜。近場で家庭菜園に興味がある方は是非。 本日は、藤沢駅近くの東奥田公園でのeマルシェに菜園体験コトモファームが参加。来月27日も出店するので、よろしくお願いします! pic.twitter.com/GCDSuKZTXa— えと菜園 小島 (@etonaen) 2015年12月27日…

菜園体験をするべき3つの理由。

今日は記録的な猛暑の中、毎度お世話になっているコトモファームさんで草刈りや収穫等、農作業してきました。 昭島市って、住宅の隙間を縫うように畑があるのに、菜園として貸してくれるとこはものすごく少ない(というより無い)んですよね。 地元の農家さんと直接繋がれば借してもらえる余地があるみたいなので、最近見つけたこの↓サービスと提携すると面白そう。 株式会社FARMFES - THE BRIDGE 会社ページ https://t.co/iwo7f42Lne— FARMFES (@FARMFES) 2016年6月13日 何より、菜園体験したくてもできない人への橋渡しになるのは、すごく有難い。 あー暑い。畑の状態や野菜の育ち具合をリモート監視したり、スタンドアロンでセンサー情報をロギングするなりして溜めたデータを機械学習に応用してその年の収穫量とか予想できないかなー。 とか、炎天下で雑草を刈りながら悶々と考えていると… ふと、農園体験から得られることって色々あるよなー でもちゃんと列挙してみたこと無いなー ベスト3を挙げるとしたら何だろう? と思って挙げてみました。 ということで、 菜園体験をするべき3つの理由 です。 食料を入手できる なんだかんだ言って、これですよね。 畑仕事しながら、その場で美味しい採れたて野菜が食べられます。 ただ、食料を得ることだけが目的だと、投資した時間や手間と比べて、得られる野菜の量(リターン)が少ないと感じるかも。 って、結構採れますけどね。…