Posts on 写真

デジカメ写真をスマホに飛ばすEye-Fiカードのおすすめポイントと比較まとめ。

Eye-Fi Pro X2 8GB を使い続けて早4年。 新型のMobiが発売されている今、旧型のX2を使っている人は稀かもしれませんが・・・ 買い換えの必要性を感じないくらい必要十分な機能を備えていたので、多分中身のNANDが逝くか、転送用のiPhoneアプリが廃盤になるまで使い続けると思います。それくらい便利。 そもそもEye-Fiとは? Wikipediaとかで調べればいくらでも情報出てくるので、手を抜いて簡単に。 無線LANアクセスポイント機能を備えたSDカードのことです。 Pro X2は、今や中古でしか入手できないのかも。 Eye-Fiposted with カエレバ Eye-Fi Japan 2012-11-14 Amazonで購入楽天市場で購入 Mobiは使ったことないんですが、大体似たようなもんです。 Eye-Fi専用のクラウドに写真を自動同期する機能があるそうですが、どうせ無料枠のクラウドストレージ容量は大したコトないと思うので、あまり興味なし。 Eye-Fi Mobiposted with カエレバ Eye-Fi Japan 2013-06-14 Amazonで購入楽天市場で購入 ちなみに、後発のFlash Airとは似て非なる製品です。詳細は後ほど。 Eye-Fiで何ができるの? できることは、とてもシンプルです。 無線LAN経由で、写真や動画をスマホやパソコンに転送することができる。 それだけ。でもこれが結構重要。 スマホのカメラにも、光学ズーム機能や手振れ補正機能まで備わって、一昔前では考えられないくらい綺麗な写真が撮れますよね。 でも、専用のカメラ、…

写真データバックアップにAmazon Cloud Driveを使うことのメリット

AWS(Amazon Web Service)ではなく、 ACD(Amazon Cloud Drive)を使うことにしました。Amazon Prime会員になるだけで、Rawデータを含む写真等の画像ファイルを無制限にアップロードできてしまうのです。 必要な経費はPrime会員費のみなので、月あたり300円程度というコストパフォーマンス。 日々増えていく写真データのバックアップ用途に最適ですね。 バックエンドはAWSだろうから、信頼性も高いでしょう。…最安のオプションでしょうけど。 以下はAmazonの触れ込み抜粋です。 容量無制限のフォトストレージ Amazon プライム会員なら追加料金なしで写真を好きなだけ保存できます。 カメラ・携帯にて撮った写真を何枚でも Cloud Drive に保存して、いつでもどこからでも見ることができます。 RAWファイルについて RAWファイルは、カメラ―メーカーが独自に定めたファイル形式で、拡張子はカメラの機種によって異なります。 Cloud Driveでは、特定のRAWファイルを写真として認識します。 プライム会員であれば、写真ファイルはストレージスペースには影響しません。 類似サービスにGoogle Photosがありますが、それとの違いは大きく3つあります。 Rawデータファイルを写真として認識し、無制限アップロード対象として扱う Google Photosでも可能だが制限有り ホスト側の都合で勝手に写真を使うことがない Google Photosに写真をアップすると、Googleが全世界に配布を行うためのライセンスを付与することになる 個人的な利用に限られ、商用利用は不可 Google Photosには制限なし…