Posts on 体験記

10年前の転職体験記。就職先を決めずに辞めたあの頃は、若かった…。

10年勤めた会社を今月辞めます。残すところ1日となりました。 10年前に転職した時、もう他へ行くことはないだろうと思っていたのに、3.11起きるわ事業傾くわ不正会計問題起こして事業再編しまくるわ、人生何が起きるか分かりませんね…。 今回のは次回の転職体験記に回して、この記事は10年前の体験記になります。これ思い返すと、ホント住宅ローン組んでる場合じゃないわ…。 転職を考えている人に、少しでも役立つ情報となれば幸いです。 転職の動機 10年前、転職を考えた動機は、当時の会社で直属のプロジェクトリーダーが心を壊して休職するまでを目の当たりにしたことと、サブリーダーを務めていた自分に次のリーダー職が回ってきそうだったこと。 当時参画していたプロジェクトに限らず、心の健康を害して休職となったメンバーが全体の1〜2割程度いて、更に予備軍もいるという状態でした。 平日は夜遅くまで、土日も出る人多かったしなぁ… 自分含めて。 まずは転職サイトのエージェントを味方につける 転職を決意したら、その動機が後ろ向きであれ前向きであれ、まずは転職サイトにアカウント登録し、エージェントを味方につけることからスタートするのが良いです。 孤独な戦いになることも多いと思うので、まず最初にその道のプロを味方にすると、とても心強い。 どこから漏れるか分からないので、職場の同僚には相談しない。と言いながら、外注さんには思いっきり相談してたけど。 エージェントに愚痴る エージェントと面談すると、まず最初に転職の動機を聞かれます。当たり前ですが。 初対面な事もあって身構えてしまい、猫かぶった前向きな動機を話しがちですが… 相手はプロなので、そんな誤魔化しは通用しませんでした。愚痴大会になります。 でもそれは悪いことではなくて、誰でもそこからスタートするんだそうです。当時お世話になったエージェントの方が教えてくれました。愚痴から本音を汲み取って、本来自分が望む働き方や、やりたいことを実現するための手助けをしてくれます。 後ろ向きな理由だからと尻込みせず、まずは相談という名の愚痴聞き大会を開催しましょう。 余剰資金を確保する…