Posts on ロースト

珈琲焙煎作業を楽にする道具の紹介。

珈琲豆を自宅で焙煎することを推奨しちゃってますが、どうしてもメンドくさいと感じてしまう作業。 チャフ飛ばしです。 チャフとは? 【チャフ】(ちゃふ) Chaff(欺瞞紙) ECMのひとつで、敵方のレーダーを欺瞞するための妨害片。 from Weblio 昔、フルメタルパニックというアニメに出てきたな、そういえば…。 珈琲豆を焙煎すると、パチパチと音を立てて(ハゼると言います)、周りの薄皮が剥がれてきます。 この薄皮をチャフと言います。 これが残っていると、とっても渋くて苦い珈琲が飲めますが… ちょっとお勧めできないできないくらいの苦味があります。健康にいいのかな、これ…。 このチャフ、普通は取り除きます。 が、これが意外とめんどくさい。 かつては焙煎した豆をチャフごとザルに入れ、冷ましてから下からウチワで仰いでチャフを飛ばして取り除いていたんですが、腕や顔や首筋や服にチャフがまとわり付いてきて、鬱陶しいんですよね…。 これを解決する、チャフ飛ばし器を作りました! 材料 ザル2つ(100円ショップ製) 回転数2500rpmのPC用ファン(ノーブランド) ネジなど 作り方 写真のように適当にネジ止めします。 ケーブルをザルに這わせて邪魔にならないようにします。 あとは焙煎した豆を入れたザルを上に重ねて12Vバッテリーを繋いで庭に放置すれば、勝手にチャフが取り除ける!便利! 結果 軽く失敗でした。 ファンの回転数が2500rpmでは風量が足りず、そのままではチャフが飛んでってくれません。 結局人手で豆をかき回しながらでないと飛んでくれないので、腕や服にまとわり付く問題を回避できず。 豆ごと飛ばしてしまうのを恐れて回転数を低めにしたのが失敗だったか……

わざわざ自分で珈琲豆を焙煎する3つの理由。

何を血迷ったか、珈琲豆を自分で焙煎して、豆挽いて、湯は太陽光の電源で沸かして楽しむようになってしまいました。 豆のローストも太陽光で完結したいところだけど、電動式ローストは色々あって断念していたところ、近々昭島市パパ会代表の提案で解決するかも!? そのうちレポート予定。 んで、なぜわざわざ自宅で珈琲豆をローストする必要があるのか? 理由は主に3つ。 豆が日持ちする 焙煎したての豆で淹れた珈琲は美味しい 焙煎は楽しい 豆が日持ちする 自分で焙煎したいなーと考え始めたキッカケはこれです。 焙煎後の豆は、1〜2週間で飲みきる必要があるのです。 焙煎前の豆は生豆(きまめ、なままめ)といって、見た目はこんな感じ。 生豆なら、日陰で風通しの良い場所で保存すれば、数年は保ちます。 我が家は床下収納に放り込んで保存しております。 焙煎したての豆で淹れた珈琲は美味しい 本当に美味しいです。妻も絶賛。 以前は酸っぱいと評価されることが多々ありました。 キリマンジャロ系はあまり好きじゃなく、マンデリンやモカマタリを好んで淹れてたんですが、賞味期限を過ぎると酸化していくんですよね。 で、酸っぱくなると。 だったら自分でやっちゃえば、飲む分だけその場で焙煎するので酸化する暇がないですよね。 焙煎は楽しい 焙煎直後の珈琲豆は炭酸ガスを多く含んでいるので、それを挽いて淹れると豆がブワッと膨らんで、見た目にも楽しめます。 その分、エキスを抽出しきれず味が落ちてしまうらしいんですが、もうすぐ4歳になる娘や、ぱぱとこひろばに集まる子供達も、ブワっと膨らむのを不思議そうな顔で見てくれるので、その様を見るのも楽しい。 ただし、デメリットも いいことばかりではありません。 珈琲豆の焙煎を披露しようもんなら、親兄弟や会社の同僚からは奇異の目で見られること必至です。…