Posts on NPO

灯台下暗し!餅つき体験を通して八王子の里山保全活動を知る。

NPO法人自然環境アカデミーさん主催の餅つき大会に行ってきました。 場所はここ。我が家から車で5分の道の駅八王子滝山から、さらに徒歩5分の超近場。 いつもの大通りをテクテク歩き、この路地かな?というところに入ると… 見えてきました、里山保全地域。 何だろう、この感じ。 ちょっとした異世界に入る感覚がしました。「千と千尋の神隠し」の冒頭で、千尋たちが異世界に足を踏み入れる時のシーンのような、あの感覚。 都会的な大通りから繋がる路地にちょっと足を踏み入れると、そこには全く想像していなかった里山の風景が広がっていました。 後から聞いた話では、毎年6月には蛍が自然発生するとのこと。それが元で、東京都はこの地域の保全を行うことを決定したのだとか。 こんな身近に、こんな良い場所があったなんて…  裏山の散策で、野生化した逞しい小松菜を3束もいただいた上、刃物の知識と経験豊富な指導者付きの薪割り体験、餅つき体験、里山保全の経緯などなど… うーん、これは楽しい。 特に子供が思いっきり走り回れる裏山という環境は、とても貴重だと思いました。 嫁さんの友人が、適度な都会と田舎が同居する八王子が好きで、最近土地と家を買って家庭菜園を楽しんでいると聞き、納得です。 何度見ても美味しそう。実際、美味しかった。 これが、実際にもち米を収穫した後の田んぼ。 耕作放棄地となっていた田んぼを、自然環境アカデミーさんが修復したそうです。 詳しくい話を聞けば聞くほど、その苦労たるや…。 ここに限った話ではないですが、一度失ったものを取り戻すのがどれだけ大変か、思い知らされた気がしました。 来年以降も昭島にいれば、この里山保全活動に協力しつつ、…

餅つき&薪割り体験@八王子 が開催されます。

今年の10月辺りから大変お世話になっているNPO法人 都留環境フォーラムさん繋がりで知り合った、昭島在住の市職員の方からのご紹介です。 NPO法人自然環境アカデミーさん主催のイベントです。 「里山を保全復元する活動」 無料・一般 12月19日土曜日 9:00~12:00 八王子滝山里山保全地域集合 詳細はこちらから。 八王子滝山の田んぼを復元し、そこで収穫したお米で餅つきをするそうです。 車で5分の距離なので、家族総出で行って参ります。…

移住いっぽ@都留 で学んだこと

移住後すぐ、自宅のDIYから始めたというかとうさんち訪問に加え、お米の収穫体験、都留に移住した先輩方や行政の方のお話を聞けるとあって、移住いっぽ〜都留の「暮らし」を訪ねる2日間〜に参加しました。当初は妻と娘、家族総出で訪問の予定でしたが、第二子をお腹に抱えたまま遠出するのが時期的に怖くなってきたということで、実家に残して行きました… ゴメン。 移住いっぽのスケジュールは以下のように盛り沢山。日程全て消化する頃には皆疲労困憊といった様子でしたが、他の移住説明会にはない、具体的なイメージが湧く構成でした。 かとうさんちの暮らしを拝見、ビジョンを知る 稲刈り体験 都留名所巡り シェアハウスはのひろ邸にて歓迎会 先輩移住者の移住に至る経緯と暮らしを拝見 都留市職員の方から行政サポート内容の紹介 中でも強く印象に残っているのは以下3つ。 かとうさんが実践する循環型の暮らし 先輩移住者の一人、山田さんが移住したキッカケ 先輩移住者の一人、梅崎さんが運営する風と土の自然学校 かとうさんが実践する循環型の暮らし 初対面のかとうさんの印象は、少年のような目と心を持ち続けている人、といった感じ。 山を自ら切り拓き、ログハウスをDIYした後、そこを拠点に今度は家族で住む家をリノベーションしたという話だけで圧倒されましたが… その根底にあるのは、循環型で衣食住全てを実践することでした。 羊からは毛を服を頂き、服を作る。 鶏からは卵と肉を頂く。 馬は、化石燃料を使わずに田畑を耕す。 家畜の餌は、米を脱穀した後に残る藁や野菜クズで賄い、その糞は肥料として食に繋げる。 最初からこの形を思い描いていたわけではなく、家を作ったら食も、食の次は衣を… とステップアップして今に至るとのこと。ステップアップし過ぎでしょと内心ツッコミつつ、突き詰めるとこの形になるのだろうと思いました。…