Posts on コトモファーム

ダメ元で始めたメロン栽培。ちゃんと実ができてる!!

色々あって3週間サボッていた菜園メンテ…。 雑草がとんでもないことになっていました(^_^;) この写真じゃ、ちょっとわかりづらいか…。全部刈るのに1時間半はかかったと思います。 でもって、定番のミニトマト。実が多すぎて、重みで傾いてます。味は相変わらず最高。4歳の娘も大好物です。 9ヶ月の娘も口を出しますが、さすがにまだ食べれません。もう少ししたらね。 雑草をザクザク刈っていると… なんと、ダメ元で植えていたメロンの実が成っていました! しかも3個! まだ拳大にもなっていないけど、これはイケるか? カボチャと同様、土と触れないように雑草の座布団を敷いて、鳥に突かれないように大事に隠しておきました。大きく甘くなってくれると嬉しいなぁ。 そして今日の釣果がこちら。ミニトマトは多すぎて数える気がしませんでした…。 そんな自分専用のミニ農園を貸してもらえて、無農薬野菜の育てかたを教わることができるコトモファーム、お勧めですよ〜。近場で家庭菜園に興味がある方は是非。 本日は、藤沢駅近くの東奥田公園でのeマルシェに菜園体験コトモファームが参加。来月27日も出店するので、よろしくお願いします! pic.twitter.com/GCDSuKZTXa— えと菜園 小島 (@etonaen) 2015年12月27日…

今週も頑張って、元気に実をつけてくれた野菜たち。

毎度お世話になっております、コトモファームで収穫祭です。 梅雨に入りながらも、1〜2日おきに晴れてくれるものだから、1週間で雑草も生い茂り、野菜たちも実が熟してしまい、嬉しい悲鳴があがります。ひー。 「今日、畑いく?」と問いかけると、迷わず「うん!」と答える3歳児。いい傾向です。 今年2本目のナス。美しくて食べるのがもったいないくらい。 3歳児は食べてくれませんが、収穫するのは好きなようで。 一生懸命引き抜いたジャガイモが、ちっこいやつ1個だけだったという悲しみの図。 土を掘り起こして、隠れていた大粒を発見! ご満悦の表情がたまらないw 本日の成果は以下のとおり。 品種 大きさ 個数 ジャガイモ 大きめ 7個 ジャガイモ 小ぶり 3個 ナス ほどほど 2本 ミニトマト ほどほど 12個 さらに、ざっと見ただけでも小さなナスの実と花が10個程度と、緑色のミニトマトが20〜30個。来週末も楽しみだ…。 以上、収穫報告日記でした。…

菜園体験をするべき3つの理由。

今日は記録的な猛暑の中、毎度お世話になっているコトモファームさんで草刈りや収穫等、農作業してきました。 昭島市って、住宅の隙間を縫うように畑があるのに、菜園として貸してくれるとこはものすごく少ない(というより無い)んですよね。 地元の農家さんと直接繋がれば借してもらえる余地があるみたいなので、最近見つけたこの↓サービスと提携すると面白そう。 株式会社FARMFES - THE BRIDGE 会社ページ https://t.co/iwo7f42Lne— FARMFES (@FARMFES) 2016年6月13日 何より、菜園体験したくてもできない人への橋渡しになるのは、すごく有難い。 あー暑い。畑の状態や野菜の育ち具合をリモート監視したり、スタンドアロンでセンサー情報をロギングするなりして溜めたデータを機械学習に応用してその年の収穫量とか予想できないかなー。 とか、炎天下で雑草を刈りながら悶々と考えていると… ふと、農園体験から得られることって色々あるよなー でもちゃんと列挙してみたこと無いなー ベスト3を挙げるとしたら何だろう? と思って挙げてみました。 ということで、 菜園体験をするべき3つの理由 です。 食料を入手できる なんだかんだ言って、これですよね。 畑仕事しながら、その場で美味しい採れたて野菜が食べられます。 ただ、食料を得ることだけが目的だと、投資した時間や手間と比べて、得られる野菜の量(リターン)が少ないと感じるかも。 って、結構採れますけどね。…

今年度の作付け計画をざっくりと。

1年通して家庭菜園で野菜を作ってみて… 作付けに限らず、計画は最初にしっかり考えて立てないといけませんね。ほんと今更ですが。 畝をいくつ作って、次の季節に何を植えるか考慮しつつ各畝に植える野菜を考えつつ、連作障害も考慮に入れてローテーション考えて… って、なかなか難しい。 とりあえず、作付けする野菜は家族(主に子供)が好きな品目で固めました。 まずはミニトマト。 彼らの繁殖力を舐めてかかった去年の反省を活かして、植える苗は2株と少なめに。 どうせ脇芽を取ってるうちに、どんどん株が増えていくので。 ナスは去年と同じく2株。 夫婦揃ってナス好きですが、これくらいが良いペースで消費できるみたい。 絹さやは適当に植えてしまったので、どれだけ収穫できるかは不明。 コトモファーム代表 小島さんの話だと、もう嫌ってくらいに採れるとか… いやー、楽しみだ。 そんなわけで、冬に植えたのと合わせて上のような感じになりました。 すでにかなり暑くなってますが、夏に向けての収穫が今から楽しみです。…

これは何の花でしょう?

答えは…白菜です。 クイズ形式にしておいてなんですが、恥ずかしながら生まれて初めて見ました。白菜の花。 つい色んな角度から撮っちゃいました。 今日収穫するつもりが花を咲かせてしまったので… 種取り用に切り替えます。固定種ですし。 マクロだと可愛いのに、広角だと結構グロいんです。 頭かち割って花が生えてきたような画で…。 こちらはまだ開花までいってません、ブロッコリーです。 開花どころか、生育が悪くて収穫できるか怪しいかも…。 こちらは毎週安定した収穫量を誇るホウレンソウ。 軽く湯がいて冷凍すれば長期保存が可能なんですが… 冷凍庫が溢れそうですが(汗、ほうれん草好きな妻と自分にとっては嬉しい悲鳴。 おかげさまで、今年の冬はホウレンソウを買った記憶がないです\(^o^)/ が、こちらもそろそろ花が咲きそうで、終わりが近づいているのが残念…。 でも、こんな始まりと終わりを実体験できるのも、家庭菜園の醍醐味ですよね。 主要な野菜はほぼ一年中スーパーで買うことができて便利ですけど、反面、「旬の野菜」を意識することが全くありません。 お金で全て解決する生活から、少しずつでも脱却していきたいと思います。…

今年の初仕事はコトモファームで。

会社での仕事始めは明日。 冬休み最終日の今日は、家族総出で畑に繰り出しました! ちょっと頭が他より飛び抜けてしまった大根を、試しに一本抜いてお持ち帰り。 ちょっと細身な気もしますが、長さは十分。真っ直ぐに育ってくれました。美味しくいただきまーす。 いくつか植えた種のうち、唯一順調に成長中の白菜。収穫はまだまだ先っぽいですが、しっかり結球してくれそうな気配を感じます。 3歳の娘と一緒に、土と野菜たちに今年もよろしくお願いしますと挨拶して、帰宅の途につきました。 来週開催される、今年初講習の日は餅つき大会があるようですが… 残念ながら不参加です。 本当に残念…。…

コトモファームで野菜育ててます …高速飛ばして片道1時間かかりますが…(汗

食べ物を作る実体験と知識を得たい。 土や虫に触れる機会を子供に与えたい。 という想いから、家の近くで貸してくれる農園を探すも見つからず。立川にはいくつかありましたが、駐車場なし、立川市民優先、もろもろ条件が合わず断念。 そんな折、書店でふと目に入った、田舎暮らしの本 2015年5月号の市民農園特集の文字。 なんとなく眺めていると、以前読んだ起業家のように企業で働くで紹介されたホームレス農園の小島希世子さんが代表を務めるコトモファームが掲載されていました。 農園の所在地は… 神奈川県藤沢市。 車で片道1時間かかるのは… 正直腰が引けました。気軽に通える距離でないと、長続きしないんじゃないかと。 でも、他の農園の紹介も一通り見てみると、農薬も化学肥料も使わない野菜の作り方を指導してもらえるのはコトモファーム以外にありませんでした。 1〜2週間悩んだ末、とにかく始めてみないことには何もわからんと思い、娘と一緒に行ってみました。 実際に行ってみると、想像していたほど距離も感じることもなく、農薬や肥料を使わない代わりに雑草を活用した自然農的な手法に魅力を感じて、即契約。 それ以来、今のところ半年以上、1〜2週間おきに農園に通い続けて、野菜を育ててます。と言うより、勝手に育ってくれていると言った方が正確な気がします。 小島さんからは、「雑草を活用して、いかに手間ヒマかけずに楽をして、美味しい野菜を育てるかが肝なんです」と教わりましたが、正にそれを実体験しています。 一年を通して旬な野菜を自分で育て、収穫し、味わうことができるのは、なかなか贅沢な体験です。 太陽光の自家発電と同じく、「かかった経費でペイできるほど野菜が採れるのか」が問題ではないと考えているので、末長くお世話になろうと思います。…