Posts on keenio

Web上で簡単にデータを可視化できるサービス、Keen IO。

突然Keen IOからテンション高めのメールが届きました。 Hi Takashi, we have some big news! We’re excited to announce Keen Dashboards Beta release, a brand new tool that will enable anyone at your company to create custom dashboards with just a few clicks (or taps!) Keen IOは、クラウド上のデータベースを提供してくれる上、溜め込んだデータを簡単(?)に可視化してくれるサービス。 REST API経由で指定期間の平均値や最大最小値を取得できたりと結構高機能で、使いきれないほど。 主にWebサイトのアクセス解析を自分流にカスタムしたい人向けっぽい感じです。 更に、Keen IO提供のサンプルdashboard HTML5ソースコードをちょっと弄ってHerokuなどのPaasにpushすれば… こんな感じのdashboardの完成です。 ちなみにこれは、…

Keen IOに蓄積した自家発電量データをPythonで可視化する: ピボットテーブルのプロット

前回の続き。 Keen IOから取得した自家発電量データでピボットテーブルを生成すると、以下のようになりました。 In [24]: data_p.head(3) Out[24]: label Amp Hours Array Current Array Voltage \ timestamp 2016-05-06T00:03:06.020Z 23811.1 1.994629 54.019775 2016-05-06T00:13:06.221Z 23811.8 1.735840 53.349609 2016-05-06T00:23:06.417Z 23812.6 2.321777 53.986816 label Battery Voltage Charge Current…

Keen IOに蓄積した自家発電量データをPythonで可視化する: ピボットテーブルの生成

Udemyの実践 Python データサイエンス復習を兼ねて、自家発電量データからピボットテーブルを生成します。 ピボットテーブルとは? ピボットテーブルの使い方 ピボットテーブルは、Excelで「クロス集計」を行う機能です。 クロス集計は、2つ以上の項目についてデータの集計を行う集計方法です。 初心者のためのExcel講座 一つのデータをいろいろな視点から統計をとったり、分析したりする場合に使います。 元になる表は、領収書の項目をただ横並びに入力したようなものが分かりやすいと思います。 横並びに入力したような、それなりの量のデータを自前で用意するには、Keen IOに蓄積した1年分の自家発電量データしかないので、これを使います。なぜ横並びに入力したようなデータが必要なのかは後で触れます。 また、Keen IOとは以下のようなサービスです。 REST API経由でデータを送信することができ、オンラインのデータベースに蓄積が可能 データを可視化してWeb経由で参照するためのダッシュボードサンプルコードを無料公開しており、カスタマイズ可能 月当たりのデータ送信量が少なければ全て無料で使用可能、有料のPro版ならデータ解析もしてくれるらしい まずはKeen IOからデータをロードするための下準備。projectid、readkey、master_keyには、Keen IOにログイン後、プロジェクトのホーム画面で「Show API Keys」ボタンを押して表示されるキー値を入れます。 from keen import KeenClient from pandas import DataFrame,…