Posts on home

転職と家探し時期が被ったときに注意すべきこと。住宅ローン審査で効いてくるポイント3つ。

私:「(某大手の)T社を今月退職するんですよ〜」 ふとした縁で、営業感皆無の、不動産知識と経験豊富な某不動産会社支店長さんと知り合うことになり、軽いノリで始まったお家選び。 休日に家族総出で、その支店長さんに案内されて新築物件を見に行こうとした矢先に、世間話のつもりで転職することを口に出してみた。 支店長:「え”っ…」 おや? いつもの支店長さんのホンワカ空気が変わった。後で聞くと、隣にいた妻も感じたという。 住宅ローン審査で効いてくるポイント3つ 具体的な購入スケジュールも決めていない、いいのがあったら考えてみるか程度の意識だったこともあり、全く勉強してこなかった住宅ローンに関すること。 家を買うくらいの金額を貸す銀行など金融機関の立場になって考えてみれば当然のことで、住宅ローンを組む際に効いてくるポイントとしては以下の3つ。 勤続期間 収入の安定度合い 勤務先企業の知名度 というより規模か 上の順序で並べたのは意味があります。関係者数人に聞いて回った感触だと、優先度はこんなもんでした。そして、転職の話題を振ったときの支店長さんが醸す空気は、これで理解しました。 勤続期間 勤続期間が短いと、住宅ローン審査はまず通らない。例えば1ヶ月とか。 最低でも3ヶ月分の給与明細が必要で、半年分の収入が記載された源泉徴収票があると尚良し。 2〜3年勤務した後の源泉徴収票があれば、まず落ちることはない。次の収入の安定度合いにも依りますが。 収入の安定度合い 勤続期間が長く、その間安定して収入を得ていれば、審査に通る可能性は更に高くなる。 逆に、例えば自営業で毎月の収入が安定しないようだと、審査に通るのは厳しいんだそうで。 勤務先の企業規模 審査に通る通らないではなく、…