Posts on 発電

買ってはいけない太陽光チャージコントローラ。

12V/24Vを自動認識してくれる上、驚くほど安いので試しに買ってみたのが、このチャージコントローラ。 Anself 10A12V/24V ソーラーパネル用 チャージコントローラー オートレギュレータ バッテリーシステム 過充電 保護 LCDディスプレイposted with カエレバ Anself Amazonで調べる楽天市場で調べる 蓄電池の電圧をデジタル表示してくれるインジケータ付きなのはとても便利で、実際、とらんじしょん昭島主催のオフグリッド映画上映会ではとても重宝しました。 が、普段の蓄電に使用するには不向きであることが判明。 きっかけは車のダッシュボードに設置した蓄電システムの、曇天時の状況。 ちょっと信じがたい事態が起きたのでした…。 このチャージコントローラが持つ問題点 チャージコントローラ自体の電力消費がデカすぎる 曇天続きだと発電できるほどの太陽光が降り注いでくれないので、チャージコントローラ自身と、負荷側(スマホ充電器とかですね)が消費するだけになってしまいます。 チャージコントローラには過放電防止機能が付いているんですが、その機能でカットできるのは負荷側のみで、自分自身の消費電力はカットしようがありません。 ので、何が起きるかというと、チャージコントローラが蓄電池の容量全て使い切ってしまう!のです。 蓄電池の寿命を延ばすため、通常は容量の半分程度に留めるべきなのに、本当に全部使い切ってしまうんですよね…。 曇天が5日ほど続いたある日見ると、チャージコントローラのインジケータが6[V]程度を示していました。 蓄電池容量は24[V] 24[Ah]。 ほぼ全て使い切ったとみなして、チャージコントローラ自体の消費電流量がどの程度なのか、計算して見ると、以下の通りです。…

太陽光チャージコントローラ TS-MPPT-60 のステータス取得用Pythonパッケージを作ってみた。

自作した自家発電機の状態を監視するシステムの根幹部分をどうやって作ったか、の記録。 コントローラがブラウザに返すhtml/jsをリバースして作ったんですが、一応メーカのエンジニアに問い合わせてOK頂いたので、安心して公開することにします。 まずはチャージコントローラ選別 「発電状況を外部から取得できるコントローラ」って、意外と少ないんです。少なくとも個人で手が出る価格帯の範囲では。 外部から取得できないなら、センサー類を自前で揃えて自作するしかないのだけど、家電が使える容量のシステムだと流す電流量が多いので、それに耐えるセンサーとなると… コストが嵩むことになります。そもそも入手できないかも…。 そこでこのTristar社製チャージコントローラTS-MPPT-60です。 日本円で10万円程度にも関わらず、標準でEthernetポートを備えている上、HTTP経由でバッテリ電圧、太陽光パネル電圧、充電流量、放電流量、ヒートシンク温度に至るまで様々な情報を得ることができる、お得感満載な製品です。 太陽電池充放電コントローラー TS-MPPT-60posted with カエレバ 電菱 Amazonで調べる楽天市場で調べる この情報を収集する手段を用意し、収集したデータをXivelyといったクラウド上のデータベースに記録してグラフ化したい、というわけです。 Tristar社製 TS-MPPT-60 API仕様 TS-MPPT-60から得る情報や、その取得方法の仕様はTriStar-MPPT Modbus specification documentを見れば分かるよと、Tristar社のエンジニアの方が教えてくれたんですが… 結構な文量な上、まさに「仕様書」って感じで読みづらい。 ならば、ブラウザ経由でチャージコントローラにアクセスした際に参照するJavascriptソースを解析した方が、目的達成には近道。 のはず。 発電状況取得方法の検証 ということで、…

車のダッシュボードに設置した太陽光発電。ノートPC+iPhoneテザリングでブログ投稿も可能。

この投稿、車内で(もちろん駐車して)書きました。下記のブツを、ノートPC(Mac book air 11inch)とiPhone5sの電源として使いながら。 車のダッシュボードは太陽光発電に最適な件。 » https://t.co/Rqtet2NKZy #オフグリッド #太陽光 #発電 #蓄電 #車中泊 #ソーラーパネル— takashi ando (@takashi7ando) 2016年5月21日 ノートPCも使えるようにするなら、もう少し容量が欲しいところ。 とか言っちゃいましたが、間違いでした。バイク用のバッテリーでも十分いけますね。記事の後ろの方でちゃんと計算します。 こちらが運転席と助手席の間に設置した、蓄電池とチャージコントローラと交流変換インバータ。 こちらはダッシュボードに設置した薄型太陽光パネルです。全面真っ黒なのがいい。フロントガラスに映りこまないので、運転の邪魔になることがないのです。 使用した交流インバータは、大学生の頃に購入して今も使っている、サンワサプライ製の75W。そろそろ15年経ちますけど、まだまだ現役で使えそうです。ヒューズは何度か交換しましたけどね。 Mac book air 11inchが45W必要で、iPhoneは多分5Wかな? 合計50Wの出力が必要と。 下記のバイク用12V 20Ahバッテリーを使っているので、負荷側が50Wということは、最大で50W/…

「手の内に取り戻したい何か」を感じたいなら、発電所見学へ。

とある事情で行くことになった、火力発電所見学。 あまり詳しくは書けないけれど、これほどの巨大なタービンと発電機、これまた巨大な建屋内に8本も並ぶ姿は、圧巻の一言でした。 そしてその設備に圧倒されながら、熱くはならずに冷めてしまうモチベーション。 なぜ冷めるかというと… 自分たちの生活基盤を支えるために、こんな途方もなく巨大な設備や技術が必要なのかと思うと… 何だかやりきれない。 とてもじゃないけど、自分の手には負えない。そんなスケール感。 火力でこれなんだから、原子力なんて更に想像もつかない世界なんでしょうね。 そんな設備が必要になってしまうのも、中央集権型であるが故。 中央で大量に作ったエネルギーを、上から下へ分け与えて、下で受ける方は上に頼り切ることになるこの構図。 エネルギーシステムだけじゃないよなぁ。 政治、教育、労働、食糧生産… 何にでも当てはまりそう。 こういうのを見てしまうと、もう限界なんてとうに過ぎてんじゃないの?と感じる中央集権型構造。 ソフトウェア開発の世界でさえ、中央集権型のVCSは既に時代遅れ。まだSubversionなんて使ってるの?今や分散型のGitが主流ですよ。 分散型のメリットは、負荷分散だけじゃない。何かあった時のリスクヘッジにもなる。 できる限り分散型を意識して、少しずつでもあらゆるコトを自分の手の内に取り戻していこう。 なーんて、とりとめもないことを考えてしまった発電所見学でした。 飛躍しすぎ?…

車のダッシュボードは太陽光発電に最適な件。

作り途中だった車内発電所、近くで見るととても手抜きだけど一応完成。 車は毎日乗るものではないのだけど、日当たりの良い駐車場に1日中置いてある上、運転中でも大半は太陽に照らされている屋根とダッシュボードのスペースが勿体無い…。 車に太陽光パネルを取り付けるなら屋根が一般的だけど、風雨にさらされて劣化するのが嫌なので、ダッシュボードに取り付けることにしました。 セミフレキシブルという特性に甘えて、両面テープでダッシュボードに貼り付けるという手抜きっぷり。 でも遠目にはそれなりの高級感を以って見れる気がするので、良しとする。 この辺をちゃんとやろうとしたら、ダッシュボードに穴あけたりしないとかなぁ。 蓄電池は容量小さいけど軽くて安い、バイク用12V 20Ahのバッテリーを使います。 Long WP20-12 GP12170 PE12V17posted with カエレバ バイクパーツセンター Amazonで購入楽天市場で購入 ノートPCも使えるようにするなら、もう少し容量が欲しいところ。 でも重量増えると、車の燃費が悪くなるし、車内のスペースもとるし… 悩む。 蓄電池の電気を実際に使うには、もう一工夫。シガーライターソケット用の分配器のソケット部分をぶった切って、チャージコントローラの負荷側に接続します。 Hanwha USB2ポート搭載 2連シガーソケット分配器 2.1A/1Aの高USB出力によりiPadの充電にも対応posted with カエレバ ハンファ・ジャパン株式会社 Amazonで購入楽天市場で購入 これならUSBもシガーソケットも使えるので、ここから更にインバータをかましてAC電源に変換することも可能。 例えばこういうの↓。でもMacbook Air 11インチでもACアダプタ容量は45Wなので、ちょっと足りない…。 USB出力付ハイブリッドインバーター…

車載予備電源で震災に備える。

連日の九州震災ニュースに、東日本大震災同等の不安を覚えた嫁とも相談して、車にも太陽光予備電源を設置することになりました。 いつの間にか嫁自ら調べていて、こんなのあったよと教えてくれるという。 自宅に自作太陽光電源が2つ(中規模と小規模)あるおかげか、考え方が同じベクトルを向いてきたようで…。 というわけで、さっそく車載用太陽光パネルをどれにするかで数日悩んだ末、これに決めました。 単結晶太陽光パネル エクセレント 20W ソーラーパネル セミフレキシブル ブラック エクセレントなんて自分で言っちゃうところが怪しい気もしますが、発電効率の良い単結晶なおかげで面積小さめ、1.9mmの薄さでセミフレキシブル、その上防水加工済みと至れり尽くせり。 普通の太陽光パネルと違い、縁まで真っ黒なので、車のダッシュボードに設置してもフロントガラスへの映り込みが気にならなそうですね。 さすが最初から車載を想定したパネル。 同じセミフレキシブルで50Wタイプもありましたが、このサイズだと愛車のダッシュボードに収まらないんですよね。20Wタイプが2枚なら、どうにか収まるかな…。 車の屋根に設置するなら、エムソーラーさんのバックコンタクトで高効率なフレキシブルタイプなんでしょうけど… 今回はダッシュボード活用ということもあり、全面しっかり黒を優先しました。 蓄電池は余ってたバイク用ディープサイクルバッテリーを流用するので、追加コスト無し。 チャージコントローラは格安MPPT方式のを導入しようと思ったんですが、機器そのものの消費電力が高いことがわかって却下。せっかく効率よく蓄電した電力を自分で消費しちゃうんじゃ、世話ない…。 結局電陵製のPWM方式を採用。消費電力まで考慮すると、格安MPPT方式と大して変わらない効率性が良い。 取り急ぎ車のダッシュボードには載せてみたんですが、あまりに美しくないので、その全貌はまた今度…。…