Posts on DIY

太陽光発電システムの要、チャージコントローラまとめ。

太陽光パネルで発電した電力を蓄電池に貯めるには、チャージコントローラ(略してチャーコン)が必要です。チャーコンを選定する際に気にするべき仕様は、使うパネルの発電能力や蓄電池の容量に寄るので、ここでは触れません。規模別に大まかな分類と、個人的に必須な機能、その機能を持ったチャーコンをリストアップしておこうと思います。 株式会社電菱SA-Bシリーズ(PWM制御) 手軽に手頃に太陽光発電するなら、PWM制御のコントローラにしましょう。株式会社電菱さんのSA-Bシリーズがオススメです。スマホ充電用のシステムにはこれを使っています。 細かい仕様は公式サイトを参照してもらうとして、特徴は何よりその小ささ。手のひら半分に収まり、軽いです。値段もお手頃で、12V用Max10Aならアマゾンで3000円程度で入手できます。12V用20A, 24V用Max10A…と容量が増すにつれて値段も1000円程度ずつ高くなります。 とても良い製品なんですが、欠点もあります。 PWM制御なので、充電効率があまり良くありません。 また、蓄電池の寿命をできる限り延ばすために、バッテリー低電圧保護という機能が付いているんですが、一旦この機能が働くと、その後蓄電池の電圧が回復しても、負荷への電力供給が止まったままになります。電力供給を再開するには、一旦太陽光パネルと蓄電池の接続線を外して再接続する必要があるのが地味に手間です。間にスイッチを挟めば少しはその手間も軽減できるかな…。 スイマセン、嘘でした。12.5V?程度以上までバッテリーの電圧が回復すると、負荷への電力供給を再開してくれるようです。 TriStar TS-MPPT-45/60(MPPT制御) より効率的な太陽光発電システムを作るなら、TriStar社製TS-MPPT-60がオススメです。家電用のシステムには、これを使っています。 これを選んだ決定的な機能として、Ethernetがあります。無線LANコンバータと併用することで、…