Posts on DIY

買ってはいけない太陽光チャージコントローラ。

12V/24Vを自動認識してくれる上、驚くほど安いので試しに買ってみたのが、このチャージコントローラ。 Anself 10A12V/24V ソーラーパネル用 チャージコントローラー オートレギュレータ バッテリーシステム 過充電 保護 LCDディスプレイposted with カエレバ Anself Amazonで調べる楽天市場で調べる 蓄電池の電圧をデジタル表示してくれるインジケータ付きなのはとても便利で、実際、とらんじしょん昭島主催のオフグリッド映画上映会ではとても重宝しました。 が、普段の蓄電に使用するには不向きであることが判明。 きっかけは車のダッシュボードに設置した蓄電システムの、曇天時の状況。 ちょっと信じがたい事態が起きたのでした…。 このチャージコントローラが持つ問題点 チャージコントローラ自体の電力消費がデカすぎる 曇天続きだと発電できるほどの太陽光が降り注いでくれないので、チャージコントローラ自身と、負荷側(スマホ充電器とかですね)が消費するだけになってしまいます。 チャージコントローラには過放電防止機能が付いているんですが、その機能でカットできるのは負荷側のみで、自分自身の消費電力はカットしようがありません。 ので、何が起きるかというと、チャージコントローラが蓄電池の容量全て使い切ってしまう!のです。 蓄電池の寿命を延ばすため、通常は容量の半分程度に留めるべきなのに、本当に全部使い切ってしまうんですよね…。 曇天が5日ほど続いたある日見ると、チャージコントローラのインジケータが6[V]程度を示していました。 蓄電池容量は24[V] 24[Ah]。 ほぼ全て使い切ったとみなして、チャージコントローラ自体の消費電流量がどの程度なのか、計算して見ると、以下の通りです。…

DIY家具の設計にAUTODESK製3D CAD Fusion 360を導入したい件。

借りてる部屋の寸法にぴったり合う本棚って、なかなかないんですよね。 セミ・フルオーダーの本棚や家具を作ってくれる工房はもちろんあるんですが、よほどお金に困っていない富裕層以外はちょっと手が出ないし、そもそもそこまでする気にならないし。 嫁も簡単に「作っちゃえば?」と言ってくるので、重い腰を上げて作ってみました。本棚をDIYで。せっかくなので今借りてる部屋にぴったり合わせた寸法で。 手書き設計(落書き)してみる 汚い。・・・まぁ、上のは概略なので。次はマトモです。 棚の背面は空けていて、壁の凹凸に合わせて底と天板の一部に切り欠きを入れています。 あとで出てくる完成品の写真を見れば分かると思うんですが・・・ やっぱりこういうのはタイトルにある通り、3D CADで書いてみたいですよね。 完成予想図を3次元モデルで見られるし、何より最近は3Dプリンタがお手頃価格になってきただけでなく、DMM.makeみたいに会員制で機材を使える場や、FabCafeのようなカフェスタイルのお店も増えてきたので、3D CADスキルを身につけておくと色々と楽しそうです。 DMM.make AKIBAが3Dプリント講座を開講 - https://t.co/zHEhFthmU3 #dmm #dmmmakeakiba #MakersCollege #3dプリンタ #3dprinter #3dプリンティング #教育 #tech #スタートアップ— id.arts (@idarts_jp) 2016年7月30日…

スマホから電源スイッチのリモート操作を可能にするシステムをDIYしよう。

サーバ管理経験者なら、これって意外と夢だったりしませんかね? パソコンの電源スイッチをリモート(自宅の外)からON/OFF操作する。 これ、意外と簡単にできちゃいます。電子工作経験とRaspberry Piみたいな小型低消費電力サーバと、低消費電力無線機能付きマイコンXBeeが2つあれば。 XBeeを使ってできること こちらに概要を書いていますが、Arduinoほどの自由度はありません。 でもXBee自身が結構な数のI/Oを持つ上、ADCもあったりするので、ちょっとしたことならXBeeだけで出来てしまいます。今回のようなリレー操作なら超簡単。 とあるピンにリモートで0か1を指定して、それがそのままリレーのON/OFFに変換されるというだけでの仕組みです。 そんなシステムの構成 それなりにシーケンス図を書いてみるとこうなります。 PC電源をON/OFFするには、マザーボードの電源スイッチ端子をショートさせればいいので、リレーを使います。 リレー制御は3.3V highにできるGPIOがあれば十分なので、XBeeのdigital I/O操作APIを叩くだけというお手軽さ。 設定やら構築やらの手順 RaspberryPi + XBee Coordinatorの組み立てと設定 RaspberryPiがWebサーバとして動作して、ユーザはブラウザ経由でXBee Coordinatorを操作することになります。 家庭菜園リモート監視の記事のCoordinatorの設定とRaspberry Pi側のサーバ環境構築を参考にXBeeとRaspberryPiを設定してみてください。 この辺も整理しないと・・・。 小型リレーボードキットLK-RB1 + XBee Routerの組み立てと設定 お手軽にリレーを使えるようにしたキットがあります。小型リレーボードキットLK-RB1です。 エレキット 小型リレーボードキット (5V用) LK-RB1posted with…

珈琲焙煎作業を楽にする道具の紹介。

珈琲豆を自宅で焙煎することを推奨しちゃってますが、どうしてもメンドくさいと感じてしまう作業。 チャフ飛ばしです。 チャフとは? 【チャフ】(ちゃふ) Chaff(欺瞞紙) ECMのひとつで、敵方のレーダーを欺瞞するための妨害片。 from Weblio 昔、フルメタルパニックというアニメに出てきたな、そういえば…。 珈琲豆を焙煎すると、パチパチと音を立てて(ハゼると言います)、周りの薄皮が剥がれてきます。 この薄皮をチャフと言います。 これが残っていると、とっても渋くて苦い珈琲が飲めますが… ちょっとお勧めできないできないくらいの苦味があります。健康にいいのかな、これ…。 このチャフ、普通は取り除きます。 が、これが意外とめんどくさい。 かつては焙煎した豆をチャフごとザルに入れ、冷ましてから下からウチワで仰いでチャフを飛ばして取り除いていたんですが、腕や顔や首筋や服にチャフがまとわり付いてきて、鬱陶しいんですよね…。 これを解決する、チャフ飛ばし器を作りました! 材料 ザル2つ(100円ショップ製) 回転数2500rpmのPC用ファン(ノーブランド) ネジなど 作り方 写真のように適当にネジ止めします。 ケーブルをザルに這わせて邪魔にならないようにします。 あとは焙煎した豆を入れたザルを上に重ねて12Vバッテリーを繋いで庭に放置すれば、勝手にチャフが取り除ける!便利! 結果 軽く失敗でした。 ファンの回転数が2500rpmでは風量が足りず、そのままではチャフが飛んでってくれません。 結局人手で豆をかき回しながらでないと飛んでくれないので、腕や服にまとわり付く問題を回避できず。 豆ごと飛ばしてしまうのを恐れて回転数を低めにしたのが失敗だったか……

オフグリッド電源を勧める理由。

オフグリッドと聞くと、やたらと大掛かりな仕掛けが必要そうに感じますが、スマホやタブレット、ノートPCを充電する程度なら意外と簡単なんです。 お金もそんなにかからないし、有事(停電)のときは非常用電源になるし、平時は多少とはいえ電気代節約にもなるし。 最初は妻も えっ(; ̄O ̄) て雰囲気で見守っていましたが、さすがに例の原発や、各地で起きる地震の被害を見ていると… 備えておいた方がいいよねと、最近はむしろ推進派。 んで、オフグリッドシステムに必要な機材は本当に少なくて、たった3つなんです。 オフグリッド電源最小構成は? チャージコントローラ 太陽光パネル 蓄電池 安く抑えれば、全部込みで1万円ちょいでいけます。 チャージコントローラ 自己消費電力が小さく、小型軽量な上、日本製で品質も問題無しの電菱製がオススメです。 こちらは12Vの蓄電池用。10Aまでいけます(12Vx10A=120W)。予算に余裕があれば、24V用でもいいと思います。大して値段変わらないし。 電菱 太陽電池充放電コントローラ Solar Amp B 10A/12V SA-BA10posted with カエレバ 電菱 Amazon楽天市場 こちも12V蓄電池用ですが、最大電流がSA-BA10の倍まで耐えられます(12Vx20A=240W)…

格安ウッドデッキの作り方。

嫁:「ウッドデッキがあるといいなぁ。子供を遊ばせやすいし。庭に尖った砂利が敷き詰められてるから、裸足では降りれないし。」 とはいえ、我が家は賃貸アパート。 ウッドデッキ設置工事なんてできないし、できたとしても高すぎるし、さらに設置後のメンテナンスも結構大変っぽい。 日が当たりにくいから雑草なんて生えないだろうと思ってると、痛い目を見るようです。 引用元: うざい雑草にさようなら!ウッドデッキの下に草を生やさない方法 まずひとつは、ウッドデッキの下に防草シートを敷くこと。 最近、お客様からもご要望が多くあるのがこの方法です。中にはご自分でホームセンターなどで購入された防草シートを先に敷いていらっしゃるお客様もいらっしゃいます。 もう一つの方法は、コンクリート打ちすることです。 お庭全体にコンクリート打ちするのは見た目も良くないですし、日光の照り返しがまぶしくて落ち着いたお庭になりません。コンクリート打ちするのはウッドデッキの下だけでいいです。 コンクリート打ちをすれば、まず99.9%雑草が生えることはありません。防草シートを敷くよりも費用的には高めになりますが、イニシャルコスト・初期費用がかかるだけでメンテナンスは全く不要です。何年後にシートを張り替えるか考える必要もありません。 なら自分で取り外しやすいように設計して作るしかないのか・・・ と思っていたら、IKEAでいいものを見つけちゃいました。 ÄPPLARÖです。 組み立て例を見るとソファ用っぽいんですが、長さ: 63 cm x 幅: 63 cm x 高さ: 28 cmのサイズが庭にぴったりだったので、背もたれ等のパーツは一切買わずにウッドデッキとして並べてみました。 基礎は簡素に済ませちゃいまいた。 3歳の娘が歩き回っても、大人が寝転がっても全く問題なく使えてます。 かなり安く、その上お手軽に出来て、…

賃貸でもキャットウォークを設置したい人に情報まとめ。

スマホ充電用の太陽光パネル設置に使ってみたディアウォールですが、本当に作りたいのはキャットウォーク。 調べてみると、既に実践している人は意外と多い様子。 「DIYでマンションにキャットウォークを作ってみた」で実践されている方法は、まんまやろうとしていたことでした。 ただ、想像していた通りではありますが、かなり大変そう…。 何より、棚や階段の高さを事前にしっかりと設計しておいて、組み立て後に高さ調整をしづらいというのが、尻込みしてしまいますね…。 使い心地を検証するのは人間ではなく、あくまで猫たちなので、後から高さを微調整できるようにしたい。 と思って眺めていると、「DIYでキャットウォークを作ってみたよ」という記事を発見! ブログ作者のM氏は「ベンガル猫ブログ」の記事に影響を受けて作り始めたそうです。 DIYでキャットウォークを作り始めたのは、ちょうど2年前の今頃の時期。 我が家にミーコさんが来て2ヶ月経った頃でキャットウォークが欲しくなり、 たまたま見かけた「ベンガル猫ブログ」に影響を受けて作り始めました。 ベンガル猫さんも、最初に見つけた記事並みかそれ以上に本格的に作られてます。 自分は もっと楽に作りたい 無垢材の雰囲気を活かしつつ作りたいので、M氏の記事を参考にしようかと。 材料は全て、自宅近くのジョイフル本田で揃うことは調査済みなので、まずはざっくり設計してみようと思います。 次回に続く。…

発電状況を可視化してインターネット経由で参照したい、特異な人のためのノウハウ。

自家発電し始めたら、近未来的なかっこいい絵面で発電状況を管理したいと思ってたんですよね。 で、作ったのがこれ、発電状況管理用ダッシュボードです。 上段が太陽光パネルからの電流量(ArrayCurrent)と充電流量(ChargeCurrent)を示しています。下段は太陽光パネルの電圧(ArrayVoltage)、蓄電池の電圧(BatteryBoltage)、蓄電池の目標電圧(TargetVoltage)です。 さらに下の方に行くと、単独のグラフで見たいパラメータを並べてます。チャージコントローラのヒートシンク温度とかですね。 こういったデータを簡単にグラフで可視化してくれるオンラインサービスがいくつかあります。 実際に使ってみたのは以下の3つで、最終的には最も使いやすく、可視化後の見た目が良いkeenioに落ち着きました。 keenio m2x xively 参考までに、xivelyだと以下のような無機質なグラフになります。 xivelyは、挙げた3つのサービのなかで最も簡単に可視化できる利点を持ってますが、逆に何も変更できないのが欠点です。上の無機質なグラフ一択なんです…。 更に致命的な欠点もあって、時々過去データを紛失します。その上、10分間隔なんて長いインターバル置いてデータを送っていても、時々エラーで受け付けてくれません。 といった感じで、他に良いサービスはないものか… と探していたら、m2xというサービスを見つけました。 m2xだと以下のようなグラフになります。 サーバは安定しているようなんですが、この見た目がなんとも…。 xivelyより後発のm2xでも満足できず、さらに後発のkeenioに辿り着きました。 keenioは、xivelyやm2xとは違って、オンラインのデータベースを提供するようなサービスです。グラフで可視化してブラウザから参照できるような仕組みは、基本的に提供してくれません。 が、…

賃貸でも思い切ったDIYができる、ディアウォール。

賃貸なので思い切ったDIYができず、フラストレーション溜まっていたので… それをモチベーションに、何か方法はないものかとネットを探していたら、ディアウォールという製品を発見。 近くのジョイフル本田を歩いていると、実物が見つかりました。 で、即購入↓。 猫たちが爪研ぎにも使ってますが、そもそも何のために購入したかというと… ノートPC、スマホ、タブレット充電用の20Wパネル×2枚を、より日当たりの良い高さに設置するためでした。 2x4材を柱か代わりにするわけで、強度が心配だな… と思ってましたが、寸法を間違わなければ意外と頑丈で安心しました。 これを使えば、夢だったキャットウォークも設置できる…! 交通事故に遭ったり病気をもらってきたりと、外に出すと色々と心配が絶えないため、我が家の猫たちは完全室内飼い。 安全なのはとても良いのだけど、運動不足になりがちなのです。 スィティッシュ+アメショのこてつ君、食事制限により今はベスト体重近くまで持ち直しましたものの、ちょっと油断するとすぐ太る…。 そういうわけで、特に上下運動をするための階段、征服感を味わえる高い場所の通路を作ってあげたい。 ちゃんと作ろうとすると、ジグソーくらい必要かな…?太陽光で緩やかに充電したいので、バッテリー電源式を物色中。…

太陽光発電&蓄電システムの作りかた - 太陽光パネルの選定方法

蓄電システム.comさんでDIY太陽光発電の紹介をしたら、SunPower社製パネルについて質問されたので、太陽光パネルに特化した情報としてまとめました。 こんなタイトル付けといて何ですが、太陽光パネルってどうやって選定すればいいんでしょう? 目的に応じて決めてくださいと言われればそれまでですが…。 仕様(電気的特性)はメーカー毎に異なるし、システム容量を後から増やしたくてもパネル仕様を揃えないといけないし… そもそも、その時メーカーが残っているかも心配(失礼)。 そんな悩みを解決してくれそうな話が市民のための標準化セミナーで語られたんですが… 分かったことは、仕様標準化にはまだまだ時間がかかるということでした。 のんびり標準化を待てないので、とりあえず太陽光発電&蓄電システムを自作するに当たって収集した情報を以下にまとめます。 結論から言うと、単位面積当りの発電量が最大のSunPower社製327Wパネルがベストということになりました。 モジュール変換効率 [%]が20.1、単位面積当り発電容量 [W/m^2]が200.5のやつですね。 最初は発電容量当たり単価で最安のパネルを購入しようと思ったんですが、この表には挙げていないパネルの口コミで、保護ガラス(樹脂?)が紫外線で日焼けしたとか、雨水が配線に入り込んでショートしたとか、安いパネルにはそれなりのトラブルが起きているようで… 多少コストをかけてでも品質を重視しました。 これでパネルは決まりましたが、何枚購入するのか?蓄電池は?チャージコントローラは?家電を使うにはDC->ACインバータも必要だよね? …ということで、まだまだ続きます。…