Posts on 電気工事士

買ってはいけない太陽光チャージコントローラ。

12V/24Vを自動認識してくれる上、驚くほど安いので試しに買ってみたのが、このチャージコントローラ。 Anself 10A12V/24V ソーラーパネル用 チャージコントローラー オートレギュレータ バッテリーシステム 過充電 保護 LCDディスプレイposted with カエレバ Anself Amazonで調べる楽天市場で調べる 蓄電池の電圧をデジタル表示してくれるインジケータ付きなのはとても便利で、実際、とらんじしょん昭島主催のオフグリッド映画上映会ではとても重宝しました。 が、普段の蓄電に使用するには不向きであることが判明。 きっかけは車のダッシュボードに設置した蓄電システムの、曇天時の状況。 ちょっと信じがたい事態が起きたのでした…。 このチャージコントローラが持つ問題点 チャージコントローラ自体の電力消費がデカすぎる 曇天続きだと発電できるほどの太陽光が降り注いでくれないので、チャージコントローラ自身と、負荷側(スマホ充電器とかですね)が消費するだけになってしまいます。 チャージコントローラには過放電防止機能が付いているんですが、その機能でカットできるのは負荷側のみで、自分自身の消費電力はカットしようがありません。 ので、何が起きるかというと、チャージコントローラが蓄電池の容量全て使い切ってしまう!のです。 蓄電池の寿命を延ばすため、通常は容量の半分程度に留めるべきなのに、本当に全部使い切ってしまうんですよね…。 曇天が5日ほど続いたある日見ると、チャージコントローラのインジケータが6[V]程度を示していました。 蓄電池容量は24[V] 24[Ah]。 ほぼ全て使い切ったとみなして、チャージコントローラ自体の消費電流量がどの程度なのか、計算して見ると、以下の通りです。…

電気工事士二種 技能試験に合格するには

つい先ほど、電気工事士二種技能試験を受けてきました〜。 電気工事士二種試験は、上期と下期のいずれかを受けることができます。とある事情で、今回は下期受験でした。 試験会場に着くなり腕時計を忘れたことに気付き、会場を見渡すと… 時計は設置されておらず。 時間配分がわからん!と焦りましたが、一通り練習した候補問題は全て制限時間内に作れるようになっていたので、おそらく大丈夫だろうとタカをくくり受けてきました。 今回出題されたのは候補問題No.11。下の画像はその作例です。 で、合格発表もされていない今、このタイトルを付けるのは先走り気味なんですが、前回の投稿で触れた第二種電気工事士技能試験候補問題丸わかりが一押しなのは変わりません。 単線図から複線図を描き起こす手順やその理由、回路図まで添えて解説しているので、これを参考書に13問の候補問題を2巡ほど練習すれば十分だと思います。 時間短縮のためのテクニックを習得したい場合は、Youubeで「電気工事士 技能試験」で検索すると、紹介動画が色々出てくるので、ご参考にどうぞ。 練習時間は、1問当たり40分、復習と作品の分解(部品再利用のため)に20分、13問×2巡で、合計26時間。1日あたり多くとれても1時間だったので、およそ1ヶ月かかったことになります。 筆記試験の方により多くの時間を割いたような、その割には6割の正答率で良いので、拍子抜けだったような…。 とにかくこれで、後は合格通知を待つのみ。堂々とオフグリッド工事ができる! …のを願う。…