Posts on 電力

買ってはいけない太陽光チャージコントローラ。

12V/24Vを自動認識してくれる上、驚くほど安いので試しに買ってみたのが、このチャージコントローラ。 Anself 10A12V/24V ソーラーパネル用 チャージコントローラー オートレギュレータ バッテリーシステム 過充電 保護 LCDディスプレイposted with カエレバ Anself Amazonで調べる楽天市場で調べる 蓄電池の電圧をデジタル表示してくれるインジケータ付きなのはとても便利で、実際、とらんじしょん昭島主催のオフグリッド映画上映会ではとても重宝しました。 が、普段の蓄電に使用するには不向きであることが判明。 きっかけは車のダッシュボードに設置した蓄電システムの、曇天時の状況。 ちょっと信じがたい事態が起きたのでした…。 このチャージコントローラが持つ問題点 チャージコントローラ自体の電力消費がデカすぎる 曇天続きだと発電できるほどの太陽光が降り注いでくれないので、チャージコントローラ自身と、負荷側(スマホ充電器とかですね)が消費するだけになってしまいます。 チャージコントローラには過放電防止機能が付いているんですが、その機能でカットできるのは負荷側のみで、自分自身の消費電力はカットしようがありません。 ので、何が起きるかというと、チャージコントローラが蓄電池の容量全て使い切ってしまう!のです。 蓄電池の寿命を延ばすため、通常は容量の半分程度に留めるべきなのに、本当に全部使い切ってしまうんですよね…。 曇天が5日ほど続いたある日見ると、チャージコントローラのインジケータが6[V]程度を示していました。 蓄電池容量は24[V] 24[Ah]。 ほぼ全て使い切ったとみなして、チャージコントローラ自体の消費電流量がどの程度なのか、計算して見ると、以下の通りです。…

オフグリッドな暮らしのはじめかた

賃貸住宅の庭で太陽光発電システムを試作し、完全オフグリッドの実現性を試したものの、ここまで天気に左右される発電システムの運用は現実的には厳しいのかな…と感じていたところへ、一軒家丸ごとオフグリッドしたご夫婦の体験談が聞けることを知り、何かヒントを得ようとgreenz Talk!「オフグリッドな暮らしのはじめかた」に遊びに行ってきました。 話を聞くまでは、オフグリッドとは電力網のことを指すと思っていましたが、太陽光は循環型の生活を目指す過程でしかなく、それが実現できた次にはガス、次は水…と、社会システムからのオフグリッド(自立)をしていくつもりであるとのことでした。話を聞きに行く先々で似たような方向に向かう人が多いように感じるのですが、これがこれからの時代の流れってことなんですかね。 自分の中にない価値観を持つ人の貴重なお話でしたが、これをただ真似するのではなく、良いところを取り入れつつ自分なりにアレンジして、自分にしかできない形での実践をするべきなのだろう、というのが自分なりの結論でした。…