Posts on ダッシュボード

買ってはいけない太陽光チャージコントローラ。

12V/24Vを自動認識してくれる上、驚くほど安いので試しに買ってみたのが、このチャージコントローラ。 Anself 10A12V/24V ソーラーパネル用 チャージコントローラー オートレギュレータ バッテリーシステム 過充電 保護 LCDディスプレイposted with カエレバ Anself Amazonで調べる楽天市場で調べる 蓄電池の電圧をデジタル表示してくれるインジケータ付きなのはとても便利で、実際、とらんじしょん昭島主催のオフグリッド映画上映会ではとても重宝しました。 が、普段の蓄電に使用するには不向きであることが判明。 きっかけは車のダッシュボードに設置した蓄電システムの、曇天時の状況。 ちょっと信じがたい事態が起きたのでした…。 このチャージコントローラが持つ問題点 チャージコントローラ自体の電力消費がデカすぎる 曇天続きだと発電できるほどの太陽光が降り注いでくれないので、チャージコントローラ自身と、負荷側(スマホ充電器とかですね)が消費するだけになってしまいます。 チャージコントローラには過放電防止機能が付いているんですが、その機能でカットできるのは負荷側のみで、自分自身の消費電力はカットしようがありません。 ので、何が起きるかというと、チャージコントローラが蓄電池の容量全て使い切ってしまう!のです。 蓄電池の寿命を延ばすため、通常は容量の半分程度に留めるべきなのに、本当に全部使い切ってしまうんですよね…。 曇天が5日ほど続いたある日見ると、チャージコントローラのインジケータが6[V]程度を示していました。 蓄電池容量は24[V] 24[Ah]。 ほぼ全て使い切ったとみなして、チャージコントローラ自体の消費電流量がどの程度なのか、計算して見ると、以下の通りです。…

Web上で簡単にデータを可視化できるサービス、Keen IO。

突然Keen IOからテンション高めのメールが届きました。 Hi Takashi, we have some big news! We’re excited to announce Keen Dashboards Beta release, a brand new tool that will enable anyone at your company to create custom dashboards with just a few clicks (or taps!) Keen IOは、クラウド上のデータベースを提供してくれる上、溜め込んだデータを簡単(?)に可視化してくれるサービス。 REST API経由で指定期間の平均値や最大最小値を取得できたりと結構高機能で、使いきれないほど。 主にWebサイトのアクセス解析を自分流にカスタムしたい人向けっぽい感じです。 更に、Keen IO提供のサンプルdashboard HTML5ソースコードをちょっと弄ってHerokuなどのPaasにpushすれば… こんな感じのdashboardの完成です。 ちなみにこれは、…