Posts on coverage

GitHubにpush済みのpythonコードのテストカバレッジを計測してみる。

DIY太陽光発電システム監視用のPythonドライバをCIしてみた記事の続編で、今回はpythonコードのカバレッジ(テストのカバー率)を計測します。 コマンドラインでカバレッジを計測する まずはテストを実行 以下のようなtest runnerコードを毎回書くのは面倒なので、noseパッケージをpip installし、nosetestsコマンドを使います。 import unittest if __name__ == "__main__": all_tests = unittest.TestLoader().discover("./", "test_*.py") unittest.TextTestRunner(verbosity=1).run(all_tests) nosetestsは、noseパッケージをpip installすると使えるようになるコマンドです。 nosetestsのテストケースの見つけ方を見ると分かりますが、とりあえずunittest.TestCaseのサブクラスをかき集めて実行してくれるようです。 tsmppt60_driver $ nosetests -v test_init (test_base_controller.TestChargeControllerStatus) ... ok test_compute_scaler_current (test_base_management.TestMb)…