gmailのメールアドレスは、エイリアス(別名)が無制限に作れるって知ってた?

スポンサーリンク



驚愕の小ネタ。

gmailのアカウント一つあれば、エイリアス(別名)を無制限に作れてしまうとは…。

Googleのヘルプにも、以下の通りしっかり記載されています。

Gmail では、従来のエイリアスはご利用いただけませんが、your.username+any.alias@gmail.com 宛のメッセージを受け取ることができます。 たとえば、jane.doe+notes@gmail.com 宛のメッセージは jane.doe@gmail.com に配信されます。 フィルタを設定すると、これらのメッセージを [ごみ箱] に振り分ける、ラベルやスターを付ける、受信トレイ以外の場所に振り分ける、他のメール アカウントに転送するなどの操作を自動的に行うことができます。

ちょうどいい機会なので調べてみると、これ以外にも様々なパターンでエイリアスが作れる… というより、無視されるけとメールヘッダに情報が残るので、エイリアスとして使えるパターンがあることがわかりました。

詳細はE-mail addressed to me intended for someone elseに記載されていますが、実際に試してみると確かにその通りでした。

ドット "." は無視される

どういうことかというと、以下のメールアドレスは等価です。

でも受信したメールのヘッダには、上記の情報がそのまま残るので、例えば複数のサイトにユーザ登録する際に登録するメールアドレスを、上記3つのアドレスを別々に登録し、受信側でフィルタ設定に使うことができる、というわけです(gmailのヘルプそのまま)。

  1. mymailaddress@gmail.com
  2. my.mailaddress@gmail.com
  3. my.mail.address@gmail.com

大文字は無視される

以下は等価ということですね。

これはメールヘッダに残ってくれなかったので、フィルタには使えなそう。

  1. MyMailAddress@gmail.com
  2. mymailaddress@gmail.com

@googlemail.comは@gmail.comと同じ

以下は等価です。

これもメールヘッダに情報が残ってくれたので、フィルタに使える。あまり使う意味なさそうではありますが。

  1. mymailaddress@googlemail.com
  2. mymailaddress@gmail.com

ドット "." とプラス "+" の組み合わせ

以下は等価な上、メールヘッダに情報が残るのでフィルタ設定に使えます。

  1. mymailaddress@googlemail.com
  2. my.mail.address+bot@gmail.com

まとめ

このエイリアスで、例えばbot用のTwitterアカウントをmy.mail.address+bot@gmail.comで取得し、蓄電池が一定の電圧を下回ったら「消費量が大きいxxの電源を自動的に切りますね」とか、逆に満充電されたら「使わないと勿体ないよ」とかTwitterで呟くこともできるということですね。

また一つ便利な機能を知ることができた、gmailでした。

comments powered by Disqus