DIYガイガーカウンタ製作日記その1。

スポンサーリンク
Post image

sparkfunにて購入。人生初の個人輸入です。

ガイガーミュラー菅にLND-712を採用したやつになります。

決済したあとで、sparkfunから調査というか、質問が飛んできました。

「何の目的で本製品を購入したのか?」「自分以外の誰かに譲渡する予定はあるか?」なとなど。

raspberry pi zeroを買ったときは何も聞かれませんでしたが、発生源ではないにせよ、放射線が絡むと輸出入の規制が厳しいのかな。

で、無事届いた製品の外観がこれ。

自宅に定点観測所が欲しいと、かなり以前から考えていたこともあり・・・

早速仮組みして、超簡易的にですが、完成してしまった。

上の記事の通り、ガイガーカウンタにはcpm(カウント毎秒)単位で計測データを返すように修正したソフトを書き込み済みなので、USBシリアル経由で出力するその文字列をPythonで少し加工してuSv/h単位に変換してやる、というコードです。

from serial import Serial

port = Serial("/dev/ttyUSB0", baudrate=19200)

while True:  
    cpm = int(port.readline().decode("ascii").split()[0])
    usv = cpm * 0.00812
    print("{:.2f}[uSv/h]".format(usv))

port.readline()は改行コードを読み取るまで処理をブロックします。ガイガーカウンターは20 cpm ¥nのような文字列データを出力するようにしているので、それをbin形式からunicode文字列型に変換後、空白でsplit()して、cpm単位の値に係数を掛けてuSv/hに変換し、printします。

結果は下記の通り。

0.13[uSv/h]  
0.11[uSv/h]  
0.08[uSv/h]  
0.11[uSv/h]  
0.09[uSv/h]  
0.13[uSv/h]  
0.11[uSv/h]  
0.14[uSv/h]  
0.12[uSv/h]  
0.16[uSv/h]  
0.11[uSv/h]  
0.16[uSv/h]  
0.08[uSv/h]  
0.13[uSv/h]  
0.07[uSv/h]  
0.13[uSv/h]  
0.09[uSv/h]  
0.12[uSv/h]  
0.11[uSv/h]  
0.11[uSv/h]  

元々所有しているガイガーカウンタとほぼ同等の結果が得られました。

あとはこれをデータベース化するなり、Tweetするなり、グラフ化するなり、好きなように料理すれば良いと。

悩むのはソフトよりハードなんですけどね。これらを防水ケースに詰め込み、屋根代わりの太陽光パネル裏に貼り付け、半永久的にデータを送らせて…。

またホームセンター巡りが始まるなぁ。

comments powered by Disqus